ユーザーレポート

朝マズメにはまりそう

アジングは夜中ばっかりですが、人生5回目ぐらいの朝まずめに出撃しました。朝まずめは、今までいい思い出がなかったですが、今回は違いましたw
コジョウのおかげで1投1匹で、アジの多さにジグヘッドが沈まない感覚まで分かり、短い時合でしたが、満足できる結果になりました。朝マズメに、はまりそうです。

Name :  ヨッチン
Date :  2019年11月02日
Target :  アジ
Point :  越前海岸
Rod :  弧丞

ライトゲームin各地

今年は各地いろんなターゲットが入り、とても楽しませてもらってます。

烈煌と影流をメインにPE0.3~0.6で各地ランガンしています。

大型のシオの足元での突っ込みにヒヤヒヤしますが
バットパワー信じて浮かせられるのが楽しいですね!

同じシステムでアジも狙えるのがgoodです(笑)

これからもガンガン酷使したいと思います。

Name :  おっくまん
Date :  2019年11月01日
Target :  いろんな魚たち。(シオ35~50cm メッキ15~25cm アジ15~18cm)
Point :  和歌山県
Rod :  烈煌

弧丞でテラアジ!

時期的にまだ早いかなと思いつつも弧丞と空我を持ち、大アジ狙いに行ってきました!
弧丞の方はPEラインで空我の方はエステルラインを使用していてサイズに用いて使い分けをしてますが、昨年、空我で40cmアップを楽々と釣り上げた釣果があります。
ですが、50cmほどになると走りと重みが段違いなので迷わず弧丞タックルを使用しての釣行となりました、
PEラインの扱いやすさ、風が吹いても劣らない感度、曲がりきってからの安心のあるトルクなど、虜になっております。このサイズの魚を掛けてファイトしてフルドラグでゴリ巻きしても折れる気がありません。本当にオススメです!

https://instagram.com/klfzs4__

Name :  OG
Date :  2019年10月22日
Target :  アジ(50、51cm)
Point :  愛媛県南予
Rod :  弧丞

斬78墨付け完了♪

岐阜の知り合い、大分の知り合いからオススメのロッドをやっと手に入れての釣行♪

柔らかいがビジバシもシャクれる♪
持ち手の技量が出るやんちゃなロッド(笑)
でも面白い♪
春イカを掛けるのが楽しみですね~♪

Name :  フラワー
Date :  2019年10月21日
Target :  アオリイカ(250g)
Point :  富山
Rod :  斬78

秋の良型

ナイトで秋の良型出ました!

今回は昨年の実績をもとにポイントを選びました。

私はナイトはロッドを立てて少しさびくような釣りをすることが多いです。
ロッドを立てるとエギを水平フォールさせれること、ナイトなのでしっかり当たりをとるという点において理にかなっていると思っているからです。

今メインで使っている斬83はティップは高弾性ソリッドを搭載しているモデルに比べれば繊細さに欠けるのかもしれないですが
それでも十分にティップが、エギにイカが触れた感覚などを伝えてきます。

バットはしっかり強いのでイカの急な走りも受け止めてくれます。

ロッドを立ててさびくとエギにかなりテンションがかかっている状態になり
イカが抱いた時に違和感を感じやすいかもしれませんが
斬83はしっかりティップが入ってくれるので当たりを弾くことがなくそのままスイープにフッキングが決まります。

それでいてバットは強いのでその状態で走りだされてもロッドを立てればイカは浮いてきます。

自分の中でベースとなる一本だと思います。

早くこのロッドで親イカを掛けてやりとりを楽しみたいです。

Name :  Y
Date :  2019年10月15日
Target :  アオリイカ(800g)
Point :  長崎南部
Rod :  斬83

弧丞&至限

至限の鱗付けをかねて2本を比べてみました!
ガイドの数が違う事で感度が気になるところでしたが問題なし、まさに薄氷のような感度でした。
60との差もわからないくらい63も神感度ですね。
かけてからも余裕で30クラスもぶち抜けました!

1.5〜2gでの使用でしたので0.6〜0.8gの使用感含めこれから使い込んでいきたいと思います。

Name :  とくり
Date :  2019年10月15日
Target :  アジ(20-30cm)
Point :  石川県能登半島
Rod :  至限

3kgオーバー相手でも

最近、エリアトラウトを始め、ロッドを何にしようか迷ってました。
ふと、レガーメのロッドでエリアトラウトやっている人がいないか検索したところ、テスターの上杉氏が弧丞で立派なスチールヘッドを釣っているじゃないですか!
そして自分は弧丞をもっている!
これは試すしかないと鹿島槍ガーデンに行ってきました。
アジングで使っていたのでロッドの感触はいつもどおり、問題は大物をかけたときにどこまでいけるのかというところでしたが2.9kgのレインボートラウトをかけても余裕で寄せる事ができました。
その後も3kgオーバークラスのレインボートラウトを何匹かキャッチでき大満足の釣行となりました。

弧丞はアジングの他にエリアトラウトでも活躍できそうです。

Name :  そふぃん
Date :  2019年10月13日
Target :  レインボートラウト、ブラウントラウト(3kgオーバー)
Point :  鹿島槍ガーデン
Rod :  弧丞

アミパターンアジング

鯵が食べたくなり空我を持って三重県紀北エリアに向かいました。
例年なら1gJH+2インチワーム良く釣れるのですがランガンしてもポイント到着数投でスレてしまいあとが続きません…
良く鯵を観察すると表層付近でアミを捕食しているのを見て0.3gJH+アミ系ワームに変えたら今まで反応悪かった鯵が一時入れ食いに

サイズこそ小さいですが超軽量JHの感知能力や感度、操作性に特化した空我には改めて驚かされました。
釣れたじゃなく釣ったって実感するほうが絶対楽しいしそれを高次元で実現してくれるツールがレガーメと思っています。
皆さんも足元でちらつく鯵攻略には絶対空我オススメですよ。

Name :  Atsushi
Date :  2019年10月05日
Target :  鯵 51匹(15~18㎝)
Point :  三重県紀北エリア
Rod :  空我

斬77 納得出来る初墨付けに

高田屋さんと社長に無理言って、試投なしの当日納品頂いた『斬77』
※社長、高田屋さん無理言って
申し訳ございませんでした(^^;;
そのまま浜坂へ釣りキャンプへ・・。
しかし、釣果は足元で戯れる子イカのみという
惨敗から、納得する墨付けの為に家島へ

まず驚いたのは、早朝真っ暗な中、あたりがロッドから手に伝わってきます。
今までは"釣れてた"でしたが、今回はしっかりとあわせることが出来ました^_^
Ogre Topの性能に感謝です。

さらに驚きは、半日しゃくり倒しても腕の消耗が少ないことです。
私は右投げ左しゃくりタイプなのですが、リールとのバランスも良く、その上柔らかくもしっかりしたバットも私好みで、いつまでも投げて(シャクって)いたいと思わせるロッドです。

釣果は風と早い潮流で苦戦はしましたが、同行者に差をつける結果となりました。

今までのエギングと違う世界を私に魅せてくれた『斬77』
使いこなせるように腕を上げたいと思います。

Name :  take-chan
Date :  2019年09月28日
Target :  アオリイカ(9杯 最大600g)
Point :  家島
Rod :  斬77 Ogre Top

至限 ウロコ付け成功!

27日夜、先日購入した 至限 の使用感を確認し、ウロコ付けを狙うべく、和歌山市周辺の漁港を廻って来ました。
潮のきいたポイントは、既にタチウオ狙いの釣り人でどこも入れず、漁港奥での豆アジングとなりましたが、豆アジングにおいても、至限の使用感には驚くものがありました。
極小ジグヘッドでも、潮流の変化をしっかり感じ取れ、また、長めのソリッドティップによる影響からか、キャスト時はムチの様にしなり、アジを掛けた際には、13㎝の豆アジでさえ、しっかり曲がり込んで楽しませてくれる感覚がありました。
一緒に釣行した仲間に 空我 を借りて、その違いを確認してみたところ、流石は空我! 感知性能の高さはズバ抜けた物を感じましたが、至限も、空我に追従する程の感知性能を有していると思えました。

豆アジングを充分楽しんだ後、潮流のあるポイントへ移る事が出来、そこで、22〜26㎝のアジを 至限 で釣る事が出来ましたが、この釣り場での 至限は、まさに ベストマッチ! と言ったところで、潮流変化の感知性能、1g前後のジグヘッドのキャストフィール、魚を掛けてからのロッドパワー、どれも申し分無い仕上感に感じました。

今回、豆アジ・中アジで、至限の使用感を確認する事が出来ましたが、どのサイズのアジにおいても高次元でバランスの取れているロッドが至限なんだと、実感致しました。
もちろん、大アジでも充分対応出来るポテンシャルを感じます。

至限は、まさに  スーパーオールラウンダー と呼べるロッドだと思います。

これからもっと使い込んで行きたいと思いました。

Name :  カオ3
Date :  2019年09月27日
Target :  アジ(11〜26㎝)
Point :  和歌山市周辺
Rod :  至限