狙うと難しい豆アジング

   

弧丞の実力を試すべく、山陰の漁港へ。時期的に豆アジが湧いているが、これが狙って釣るとなるとなかなか難しい(笑)エステル0.3号に0.5gのジグヘッドを装着し、弧丞を振る。とにかく軽い。そしてジグヘッドの重みを確かに感じながら潮のヨレ等が手に取るように分かることが出来る。0.5gでこの感度感動。そして豆アジのアタリも明確に取れる。「コン」と来るがそのアタリの透明感が凄い。積極的に掛けて行くことができる攻撃型ロッドだと思う。面白い。不意なシーバスのアタックにも強力なバットパワーにより楽勝で仕留めることが出来た。ここまで高次元でバランスされたロッドに出会えた事に感謝したい。

Name :  大道無門
Date :  2018年08月05日
Target :  アジ(〜20㎝)、シーバス(30㎝)
Point :  鳥取
Rod :  弧丞

ユーザーレポート一覧ページへ