尺メバルGET♪感度もパワーも素晴らしい!!

   

神感度も素晴らしいのですが、竿の粘り強いパワーを感じた釣行になりました。
僕はメバリングにおいて、風速や反応があるレンジでPEラインとポリエステルラインを使い分けています。
今回の釣行は、良型になればなるほどボトムに反応が集中する展開でした。
ボトムといえば海藻や沈みテトラ、様々な障害物があり、瞬間的な力に弱いといわれているポリエステルラインでらドラグをジリジリ出す釣りなるため向かないのでは?と疑問に持たれる方もいらっしゃると思います。
しかし僕が好んで使うポリエステルラインは絶妙な伸度があり非常に粘り強いため、ドラグはきつめに設定して必要最低限のしかラインを出しません。
そこで重要になるのがまさしくロッドです。
牙突は、綺麗に曲がり衝撃を吸収しながらも、魚を浮かせるモアパワー、僕のスタイルに非常にマッチしたロッドに出会えるとは!!今年2匹目の尺メバルゲットとなりました(^-^)

Name :  林 隆之
Date :  2018年04月02日
Target :  メバル(18cm~32cm)
Point :  東京湾
Rod :  牙突

ユーザーレポート一覧ページへ